徒然なるままに欧州・ドイツ特許実務

ドイツで働く日本人弁理士が、欧州・ドイツ特許実務に役立ちそうな情報を徒然なるままに書き記していきます。雑文・乱文にご容赦下さい。

カテゴリ: ドイツ特許実務

日本特許庁作成のドイツ特許規則13条(1)の和訳では出願書面の一つである要約書のボリュームについて以下のように記載しています。
第13条 要約
(1) 特許法第36条に従う要約は,1,500語以下とすることが好ましい。
「1500語」というと米国や欧州と比較してかなり多いです。したがってドイツ向けの出願では要約書のボリュームを多くできると思われる方も居るかもしれません。

しかしこの「1500語」という和訳は誤りです。

以下の実際のドイツ語の原文によるドイツ特許規則13条(1)を見てみますと「1500 Wörter (1500語)」では無く、「1500 Zeichen(1500文字)」と記載されていることが分かります。
§ 13 Zusammenfassung
(1) Die Zusammenfassung nach § 36 des Patentgesetzes soll aus nicht mehr als 1500 Zeichen bestehen.
したがってドイツ特許規則13条(1)の正しい和訳は

「特許法第36条に従う要約は,1,500文字以下とすることが好ましい。」

になります。

なおドイツでは要約書のボリュームを単語数ではなく文字数で制限しているのはドイツ語の言語学的性格に起因します。

ドイツ語では複数の単語を1つの単語に纏めることができるため1つの単語の文字数が多くなる傾向があります。

このため要約書の単語数のみを制限したとしても、実際のボリュームの制限力は限定的です。このため単語数ではなく文字数の制限によって要約書のボリュームが制限されています。



この度、日本弁理士会関東会主催の研修で私長谷川が講師を務めさせて頂くことになりました。 研修の日程および概要は以下の通りです。  

・演題: 「2時間で学ぶ欧州特許実務とドイツ特許実務との相違点」
・日時: 2019年7月29日(月) 18:30~20:40  
・会場: 弁理士会館3階会議室 

受講者の皆様にとって有意義な情報および時間を提供できるよう努めます。欧州およびドイツにおける権利化手続きにご興味のある方は是非ともご参加下さい。


EP-DE_Comp




次回の大阪での弊所セミナーおよび懇親会の日程が決定致しましたのでご案内申し上げます。


1.セミナー

・トピック:「欧州特許実務とドイツ特許実務との比較」
近年の日本企業によるドイツ特許出願の増加に伴いドイツ特許実務に関する情報の必要性が高まっています。しかしながらこれまでの経験から欧州特許実務に関しては熟知しているがドイツ特許実務についてはあまり把握していないという担当者の方も多いと思われます。そこで本講義では欧州実務と比較する形でドイツ実務を紹介したいとおもいます。より具体的には両実務のフロー、方式的要件および実体的要件とを比較しながら両実務の差異点について説明致します。

・日程: 2019年8月29日(木曜日) 

・時間: 18:00~19:30 

・会場: TKPガーデンシティ東梅田 ミーティングルーム7C
     〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目11−16梅田セントラルビル8階

・会費: 無料

・講師: Winter Brandl et al.特許法律事務所 長谷川寛

・定員: 先着20名


2.懇親会

・時間: 20:00~22:00 

・会場:八かく庵 大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング店

・会費: 5000円

・定員: 先着10名


3.申し込み方法

参加をご希望の方は、以下リンクからお申し込み下さい。
https://kokucheese.com/event/index/568518/

どうぞ奮ってお申込み下さい。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。




ドイツ特許庁は5月31日に2018年の年次報告書(Annual Report)を公表しました。

Annual Report には先日のプレスリリースで公開された統計データ以外にも例えば以下のような出願人ランキング・ベスト50など様々なデータが含まれています。

Annual Reportはまだドイツ語版しか公表されておりませんが例年英語版も追って公表されています。
Top50Applicants 2018 DPMA



↑このページのトップヘ