徒然なるままに欧州・ドイツ特許実務

ドイツで働く日本人弁理士が、欧州・ドイツ特許実務に役立ちそうな情報を徒然なるままに書き記していきます。雑文・乱文にご容赦下さい。

カテゴリ: プロフィール

過去の記事「ドイツ弁理士試験の受験資格」でも説明しましたがドイツ弁理士試験の受験資格を得るためには2年間の通信教育での一般法の履修過程を修了することが要件となっています。そしてこの度紆余曲折を経てようやくこの一般法の履修過程をスタートすることができました。

この履修過程は基本的に通信で行われるのですが、例外的に履修開始時に1週間大学内で講義を聴講することが義務付けられています。というわけでこの講義を聴講するためにNordrhein-Westfalen州にあるHagenという都市に来ています。 
IMG_0537
順調にいけば2年後に本履修を終えドイツ弁理士試験の受験資格が得られます。ドイツ弁理士資格は渡独する際に設定した目標の一つなので頑張りたいと思います。


早いもので日本弁理士の登録から10年が経ちました。節目ということでこれまでの自分の弁理士としてのキャリアを振り返ってみました。


弁理士 新人時代

弁理士試験に合格した自負と共に希望一杯で新卒として特許事務所で働き始めるも、圧倒的有能上司に鼻をへし折られる。圧倒的有能上司に弁理士およびビジネスマンとしてのイロハをスパルタ式で叩きこまれる。サブプライムバブルが弾け、弁理士冬の時代が到来したことを知らされ落胆する。


弁理士 迷走時代
圧倒的有能上司のスパルタ式指導が辛くなり、1日20回ほど弁理士を辞めたいと思うようになる。MBA、LAW SCHOOLなど色々な選択肢を検討してみるがどれも莫大な資金が必要なこと、そして資格を取った後もキャリアが保証されているわけではないことを知り落胆する。自分がドイツ語ができることを思い出し、他の選択肢と比較して低コストかつ低リスクなドイツで就職することを思いつく。色々と試行錯誤をするうちにミュンヘンの事務所から内定を頂く。


弁理士 ドイツ駆け出し時代

ドイツに引っ越す。退職の際、事務所の上司および所長が恩知らずな輩を暖かく送り出してくれたことに感激する。ドイツに来てみたものの事務所内で仕事がないことに驚く。自分で勝手にブログなりセミナーなりを始めてみる。所内営業などもいろいろと試しているうちに仕事が増え始め、欧州特許実務およびドイツ特許実務について広く深く学ぶ。


弁理士 欧州特許弁理士時代
周りの人たちの支えのお蔭で欧州特許弁理士試験に合格できる。事務所内で日本チームが発足される。自分を信頼して仕事を任せて下さるお客様も増え弁理士になって良かったと思えるようになる。


10年を振り返ってみて
振り返ってみると最初に圧倒的有能上司から指導を受けられたのは幸運でした。当時の上司は大変忙しかったにも関わらず、右も左もわからない、かつケアレスミスの多い若造を手とり足とり指導してくれたことには大変感謝しています。当時の上司の教えである「弁理士たるものよい商人(あきんど)であれ」は今でも私の弁理士としての職業規範となっています。

総合的にみて弁理士としてこれまでキャリアを積めて大変幸せでした。もし10年前の自分にアドバスする機会があるとすれば躊躇なく弁理士としてキャリアを積むことを薦めると思います。10年後も弁理士であることを誇りにおよび幸せに思えるように、日々の仕事を積み重ねていきたいと思います。



先日母校の学生達のキャリア教育向け講演で自分が影響を受けた書物を紹介する機会がありました。そこで、印象に残っていた古典、小説やビジネス書を色々と思い出していたのですが、最終的に一番影響を受けた本として以下の本を紹介するに至りました。

o0480068812983543185

そう、皆さんご存じの「天-天和通りの快男児」の最終巻です。著名漫画家の福本伸行先生によるコミックです。

この本との出会いは周りの友人たちが就職活動に勤しむ中、私はダラダラと弁理士試験の受験勉強をしていた大学院2年生ときでした。当時私は2回連続で弁理士試験に落ち、「周りはちゃんとした就職活動をしている中自分は受かる可能性も低い試験にダラダラと時間を費やしてて良いのだろうか?このまま5年も10年も合格できないのではないだろうか?」と悶々とした悩みと焦燥感に苛まれていました。

そんなときいつも立ち読みのために通う古本屋でたまたま手に取った本がこの天の最終巻でした。

ストーリーの詳細は割愛しますが、私に当時もっともインパクトを与えたのが、悩める子羊ひろゆきに超絶凄腕天才ギャンブラー赤木が「人生の実」を説くシーンです。

当時、ひろゆきと同様に悩める子羊であった自分にとって赤木がひろゆきに語り掛けた言葉はまるで自分に向けられたもののように感じ、完全にひろゆきに感情移入してしまいました。終始優しさで溢れ、そして時に力強い赤木の言葉に衝撃を受け、感極まってその古本屋でむせび泣いたことを記憶しています。

恐らく当時の悩みと、感受性の豊かさと、世間知らずさとが混じり合った上でのインパクトだったと思います。たたが漫画に影響を受けすぎと言われればそれまでですが、未だこれを上回る衝撃を与えた書物には出会えていませんし、今後も出会うことは無いだろうと思います。そして天の最終巻に出会ったその年に弁理士試験に合格ができたという点でも非常に思い入れが強い本になっています。

 「不完全でもやはり動く事が道を開くこと」
 「さぁもう漕ぎ出そう。いわゆるまともから放たれた人生に。」
 「ただやる事、その熱、行為そのものが生きるってこと!」
 「いいじゃないか、三流で。熱い三流なら上等よ」
 「だから..恐れるなっ..!繰り返す!失敗を恐れるなっ...!」

出会いから10年以上たった今でも赤木の言葉の数々は色褪せることなく自分の行動指標になっています。

日本弁理士の長谷川寛と申します。
日本の特許事務所で勤務した後に渡独し、2011年からドイツで働いています。
日ごろの実務で調べたことや、セミナーなどで仕入れた情報をブログに公開していこうと思います。

駄文、雑文も多いと思いますが、皆さんのお役に立てる情報をアップできればと思います。

よろしくお願いします。

プロフィール

氏名: 長谷川寛

出身地: 富山県富山市

経歴:
 2001年 ドイツ連邦共和国 Meerbusch市立 Matare-Gymnasium卒業
 2005年 筑波大学 第二学群 生物学類卒業
 2006年 弁理士試験 合格
 2007年 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 修了
    同年 鷲田国際特許事務所 入所 弁理士登録
 2011年 Winter Brandl et al.特許法律事務所 入所
 2015年 欧州特許弁理士試験 プレ試験合格
 2016年 欧州特許弁理士試験 本試験合格     
    同年 欧州特許弁理士登録

対応可能分野:バイオ、化学、機械

使用可能言語:日本語、ドイツ語、英語

著書:
 ・カラー図解 EURO版 バイオテクノロジーの教科書(ブルーバックス) 新書 2014/2/21
 ・ドイツにおける審査の促進手段 日本弁理士会電子フォーラム 2016/3/10
 ・「中間一般化」を伴う補正の判断基準と「逃れられない罠」 知財管理 2016/5
 ・欧州特許の有効化手続きとその後の維持年金納付手続き 知財管理 2018/3  

講演:
 ・「低コストに欧州特許を取得するには」 日本弁理士会関東支部 2015/4
 ・「低コストで欧州特許を取得する方法と欧州知財最新動向」 日本知財協会 2016/1
  ・「Schutz von biotechnologischen Erfindungen」 ヴァイエンシュテファン-トリースドルフ大学 2016/3
 ・「海外で学ぶっていいね、海外で働くっていいね」 筑波大学 2016/7
 ・「情報提供および異議申立における欧州特許の攻防戦術」 日本弁理士会関東支部 2016/7
 ・「低コストで欧州特許を取得する方法と欧州知財最新動向」 日本知財協会 2017/1
 ・「欧州における進歩性検討プロセスとドイツ特許制度の概要」 春秋会 2017/1 
 ・「欧州特許の守り方・潰し方」 日本弁理士会近畿支部 2017/1
 ・「欧州・ドイツにおける特許出願戦略」 日本弁理士会九州支部 2017/7
 ・「欧州における進歩性検討プロセスとドイツ特許制度の概要」 日本弁理士会関東支部 2017/10
 ・「低コストに欧州特許を取得するには」 日本弁理士会中国支部 2018/2
 ・「2時間で学ぶ欧州におけるクレームドラフトと補正の実務」 弁理士会関東支部 2018/8 
 ・「欧州への特許出願戦略とクレームドラフト」 PA会 2018/8
 ・「欧州向けクレームドラフトのポイント」 ちざコン™ 2018/8
 ・「2時間で学ぶ欧州特許庁での審判手続」 弁理士会関東支部 2019/2 

<免責事項>
本ブログは、管理人である私一個人の見解を記載したものであり、内容について管理人の勤務先が責任を負うものではありません。また本ブログの内容は無保証です。ご利用は自己責任でお願いします。ご理解のほどお願いします。


↑このページのトップヘ