徒然なるままに欧州特許実務

ドイツで働く日本人弁理士が、欧州における特許実務に役立ちそうな情報を徒然なるままに書き記していきます。雑文・乱文にご容赦下さい。

カテゴリ: 統計

背景:

ドイツ連邦特許裁判所(Bundespatentgericht)は日本の無効審判に対応する無効訴訟(Nichtigkeitsklage)を管轄する裁判所です。この無効訴訟にはドイツ特許庁の審査を経たドイツ国内特許に対する無効訴訟と、欧州特許庁の審査を経た欧州特許のドイツ部分に対する無効訴訟とがあります。このたびドイツ連邦特許裁判所におけるドイツ国内特許の無効率と、欧州特許のドイツ部分の無効率とに差があるのではないかと思い調べてみました。


調査方法:

ドイツ連邦特許裁判所のデータベースに公開されている2018年の無効訴訟の判決73件を、対象がドイツ国内特許であるもの(6件)と、欧州特許のドイツ部分であるもの(67件)に分けそれぞれ特許維持判決(valid)、無効判決(invalid)そして一部無効判決(partly invalid)の比率を調べました。


結果:

1.ドイツ国内特許に対する無効訴訟の判決の比率
Nullity DE
2.欧州特許のドイツ部分に対する無効訴訟の判決の比率
Nullity EP

考察:

ドイツ国内特許に対する無効訴訟の判決のサンプル数が6件と少なかったため正確な比較はできませんが、上記結果はドイツにおいてはドイツ国内特許の安定性(特許維持判決の比率=50%)のほうが、欧州特許のドイツ部分の安定性(特許維持判決の比率=13%)よりも遥かに高いことは示唆します。





Duration


参考サイト


Grant rate

*特許査定率=特許査定件数/審査終了件数(特許査定件数+拒絶査定件数)

データ元:
DPMA Annual Reports


外国特許取得に伴う外国代理人の費用が相場と比較して高いのか安いのかは出願人の気になる所です。しかし外国代理人費用の相場に関する情報はほとんど公開されていません。また私自身は現在働いている事務所の料金体系については熟知していますが、他の欧州代理人の費用がどの程度かまでは把握していません。

そこで欧州代理人に仕事を依頼することがある日本の知財関係者の皆様からの欧州代理人費用に関する情報を頂くことで欧州代理人費用の相場観を形成できればと思い、「1.欧州移行時の欧州代理人費用」および「2.OA対応時の欧州代理人費用」という名のアンケートを作成してみました。

「1.欧州移行時の欧州代理人費用」ではPCT出願の欧州(EPO)移行依頼の際に欧州代理人から請求される代理人費用の大まかな平均額が該当する選択肢にチェックをお願いします。

「2.OA対応時の欧州代理人費用」では日本側でOA対応の指示書を作成し、欧州代理人がその指示書に基づいて意見書および補正書を作成する際に欧州代理人から請求される代理人費用の大まかな平均額が該当する選択肢にチェックをお願いします。

アンケートにお答え頂けますとこれまでのアンケート結果を見ることができます。お時間のあるときにでもご協力頂けましたら幸いです。







 1.調査期間(調査の開始からサーチレポート発行までの平均期間):
Search Duration 2018
2.審査期間(審査請求から規則71条(3)の通知までの平均期間):
Examination Duration 2018
3.異議期間(異議申立期間の終了から決定までの平均期間):
Opposition Duration 2018
ソース:


↑このページのトップヘ