徒然なるままに欧州特許実務

ドイツで働く日本人弁理士が、欧州における特許実務に役立ちそうな情報を徒然なるままに書き記していきます。雑文・乱文にご容赦下さい。

カテゴリ: 欧州特許弁理士過去問

私が欧州特許弁理士本試験(EQE)D部用に作成した欧州特許条約の条文ごとに論点をまとめたレジュメを公開します。自分用メモとして作成したので第三者からは分かりにくい箇所もあると思いますが2015年までのD部の過去問における論点はほぼ網羅してあると思います。

http://blog.livedoor.jp/hasenfus/D.doc

ただ私の経験では実際のD部の試験では当該レジュメは不十分と感じたので、ガイドライン等を読み込み論点になりそうな内容をさらに追加することをお勧めします。

EQE受験生の方々のお役に立てれば幸いです。
ただし内容は無保証です。ご利用は自己責任でお願いします。

欧州特許弁理士試験の過去問から学ぶ欧州特許実務①の解答

1.欧州特許出願EP-Xに関して出願日の認定を受けるには、出願費用(filing fee)を納付することが必要である。


解答:誤
解説:出願日の認定にはいかなる費用の納付も求められない(EPC規則40条)。


2.
欧州特許出願EP-Xに関して出願日の認定のための要件が明日(2015年1月27日)に認められた場合、記者会見における発明X-1の公開は、欧州特許出願EP-Xに対しての先行技術(prior
 art)となる。

解答
:誤
解説:Prior Artとなるのは出願後に公開された情報である(EPC54条(2))。このため欧州特許出願EP-Xの出願日における記者会見の内容はPrior Artを構成しない。


3.
欧州特許出願EP-Xに関して出願日の認定を受けるには、少なくとも1つのクレームを有していることが必要である。

解答
:誤
解説:出願日の認定にはクレームの存在は求められない(EPC規則40条)。


4.
欧州特許出願EP-Xに関して出願日の認定を受けた場合は、ブラウンさんは欧州特許出願EP-Xについてパリ条約における優先権を有する。

解答:正
解説:パリ条約4条Aに従い、出願日が認められた欧州特許出願について優先権が認められる。

アイルランドの国民でありダブリンに住居を有するブラウンさんが自己の発明X-1について保護を受けたいと考えている。明日2015年1月27日、ブラウンさんは発明X-1について公の記者会見で初めて公開する予定である。このためブラウンさんは発明X-1についての最初の出願である欧州特許出願EP-XをFAXで欧州特許庁に提出する予定である。

以下の1~4の説明の正誤を示せ


1.欧州特許出願EP-Xに関して出願日の認定を受けるには、出願費用(filing fee)を納付することが必要である。


2.欧州特許出願EP-Xに関して出願日の認定のための要件が明日(2015年1月27日)に認められた場合、記者会見における発明X-1の公開は、欧州特許出願EP-Xに対しての先行技術(prior art)となる。


3.欧州特許出願EP-Xに関して出願日の認定を受けるには、少なくとも1つのクレームを有していることが必要である。


4.欧州特許出願EP-Xに関して出願日の認定を受けた場合は、ブラウンさんは欧州特許出願EP-Xについてパリ条約における優先権を有する。


解答の発表は後日


参考サイト:

欧州弁理士プレ試験過去問集


↑このページのトップヘ